スポーツクラブ・ケーニーズ 愛知県海部郡蟹江町城二丁目 431番地 営業時間 10:00~22:00 日曜定休日 TEL: 0567-95-5666

HOME | ダンススクール | ダンス 人気の理由(ジュニアダンススクール・アリーナK2)

 

ゴールデンエイジ
体験・見学
入会までの流れ 
パパママ会員

仲間とのコミュニケーションをとること、自分の身体で表現すること、リズム感を養う、などが目的

学校授業で必須となったダンスは今、習い事の人気急上昇です。ダンスはタイムや記録を図るわけではないので明確な勝ち負けがあるわけではありません。
上手くなくても個性や好みで評価されます。本来の目的は、コミュニケーション能力の養成、リズム感、表現力、個性、創造力を引き出すためだと言われています。

チームで踊るダンスは、身体面だけではなく、多くのことを育みます。

基礎体力の養成

ダンスは、ほぼ止まることなく1曲分の時間を踊り続けます。全身をフルに使うハードな振り付けもあります。自ずと基礎体力が養われます。
 

リズム感の向上

もちろんダンスは曲に合わせて踊ります。テンポや局長に合わせて踊っているうちにリズム感が身につきます。
 

創造(イメージ力)の向上

振り付けを見たり、曲を聴いたりしれ、自分たちが表現する姿をイメージをします。また話し合いながら、さらに良いダンスを作り上げてゆく過程で想像力が養われます。 
 

自己肯定感を育む

はじめはうまく踊れなくても、練習で仲間と動きを合わせて踊ることで「自分もみんなと同じようにできる」と自身のことを認めることができます。
 

見る力・聞く力の養成

先生の振り付けやポーズをマネしながら覚えるので、観察力が高まります。ダンスの観察力は「見る力」だけでなく「聞く力」も養われてゆきます。
 

信頼性が身につく

チームでレッスンを受けてみんなで踊ります。仲間と動きを合わせるには、仲間の動きを見ながら踊るようになるので、自然と協調性が身につくでしょう。 
 

自発性・積極性の養成

子ども自身に協調性が身についてくると、仲間に合わせようと自ら練習するようになるはずです。協調性が身につくことで、自発的に動く積極性も身につきます。
 

社交性が身につく

ダンスをする上ではインストラクターや仲間とのコミュニケーションが欠かせないため、ダンスを続けていると自然に社交性が身につきます。
 

表現力が豊かになる

「身体を使って自分の内面を表現できる」ところがダンスの特徴であり、面白さでもあります。その場ですぐに真似できるダンスは、子どもの表現力を豊かにします。
 

達成感・自信を得る

何度も練習して、根気強く日々、努力を重ねることで、発表会の達成感を生み出し、仲間と喜びを分かち合うことができます。また、仲間を思いやる気持ちも養われます。
 

忍耐力の向上

チームで踊ると、たとえ自分が上手く踊れていたとしても、仲間との息が合わなければやり直したりしなければなりません。そのため、当然ながら忍耐力が向上します。
 

頭を切り替える力の養成

ダンスは「脳の瞬発力」を鍛えます。音楽に合わせて動きを止めたり、急に動かしたり…といったようにスタートとストップを繰り返す運動が「頭を切替える力」を養います。
 


INFORMATION

ジュニアダンススクール NEWS

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]